OTAKU MESHI !!

アニメ飯・マンガ飯を再現!作品について語りながら、楽しく作るレシピブログ

しそ入り!ジューシー焼き餃子【CCさくら】【甘々と稲妻】【パパと親父のウチご飯】

f:id:ageha-bunny0723:20180412201231j:image

 

様々なグルメ漫画に登場するであろう

やわらかジューシーな

魅惑の食べ物、焼き餃子。

 

先日放送した「カードキャプターさくら」

にも、しそ入りの美味しそうな餃子が

登場しました。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180409200715j:image

 

木之本家では、餃子は

普通の餡しそ入りの2種類を

作るそうです。

さくらちゃんと苺鈴ちゃんの

餃子をおいしそうに頬張る表情…。

たまらない飯テロでしたね。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180409232648j:image

 

 

今回は、そんな餃子を

私の大好きなグルメ漫画

 

「甘々と稲妻」

 

「パパと親父のウチご飯」

 のレシピを参考にして

3つの作品のおいしいとこ取り!

焼き餃子を作りたいと思います!

 

 

以下、目次です。

今回から記事の構成を少し変えて

最初にレシピを紹介し、

作品についてはその後に

紹介したいと思います。

よろしければ、お付き合いください!

 

 

 

 

 

 

 

レシピ

 

今回は「甘々と稲妻」レシピで

基本の餡を作ります。

 

それを3つに分けて、

1つは「カードキャプターさくら」レシピの

しそを入れて、

もう1つに「パパと親父のウチご飯」レシピの

牛脂を入れて、

最後の1つはノーマルという感じで

それぞれ食べ比べをしてみたいと思います!

 

 

材料

 

◆基本の餡 

[A]

キャベツ(芯ぬき)……150g

白菜………150g

塩(キャベツ、白菜用)……小さじ1/3×2

[B]

ネギ………20g

ニラ………40g

おろし生姜……5gくらい

[C]

塩(ひき肉用)………小さじ1/3

醤油、酒……………各大さじ1杯

水……………………大さじ2杯

豚ひき肉……………150g

ごま油………………小さじ2杯

 

餃子の皮(市販のもの)……25〜30枚くらい

 

しそ(大葉)………5、6枚くらい

牛脂(スーパーによく置いてある)……一欠片

 

 

・餡を作る

 

まず、「甘々と稲妻」から

基本の餡を作ります。

白菜とキャベツをみじん切りにして

をまぶし、少し置いておきます。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180410010459j:image

 

しのぶちゃんと八木ちゃんみたいに

テキパキしたみじん切り目指して

がんばりましょう!

 

ちなみに「甘々と稲妻」では

塩をまぶしたときの

詳しい時間は記載されていませんでしたが、

「パパと親父のウチご飯」では

10分くらいと記載されていました。

f:id:ageha-bunny0723:20180409225334j:image

10分置いたらギュッギュッっと

力をいれて絞ります。

水気をしっかり取りましょう。

 

絞れたら、ボウルに入れて置いておきます。

f:id:ageha-bunny0723:20180409230125j:image

次に、ネギ、ニラ、しそも

みじん切りにしておきましょう。

f:id:ageha-bunny0723:20180409231341j:image

ちなみにニンニクは

レシピの材料には入っていません。

「甘々と稲妻」レシピなので

子どもでもおいしく食べれるように

ということなんだと思います。

このレシピなら、翌日仕事でも

安心して食べられますね!

 

 

豚ひき肉をボウルに入れて混ぜ、

そこに塩、醤油、酒、水を入れて

さらに混ぜて、

みじん切りにした野菜を入れ、

再び混ぜ、ごま油を入れて混ぜます。

そしてこれを3つに分けます。

 

1つに

「パパと親父のウチご飯」レシピの

牛脂をつぶしながら入れていきます。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180409233006j:image

 

ゆかりさんも言っているとおり、

餃子のジューシーさは

すべて脂です!

この牛脂を入れるのと入れないのでは

ジューシーさがまったく違います。

 

もう一つに

「カードキャプターさくら」レシピの

しそを入れます。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180410001017j:image

 

餃子にしそとか、

そんなのおいしいに決まってますね…!

さすが木之本家レシピ…!!

 

最後の1つはノーマルなので

そのままでOKです。

f:id:ageha-bunny0723:20180409231328j:image

そして、3つの餡をしばらく

冷蔵庫に入れてしめます。

これで餡の完成です!

 

 

・皮でつつむ

 

今回は、CCさくらで市販のものを

使っていたことから、

市販の餃子の皮を使いたいと思います。

 

皮に餡を乗せます。

餡はだいたい1つの皮につき

25gくらいだとおいしくできます。

私は25gだと多くて包むのが

難しかったので、20g弱くらいにしました。

f:id:ageha-bunny0723:20180412165129j:image

CCさくらの苺鈴ちゃんが言っていましたが

餡をすくうときは、

スプーンではなく、バターナイフなど

平たいものを使うといいそうです。

f:id:ageha-bunny0723:20180412165851j:image

スプーンを使うと、空気が入り

焼いたときに膨らんで

旨味が出てしまうので、

包むときも空気が入らないように

気をつけながら包みましょう。

 

 

皮のフチに水をつけて、

ヒダを作りながら皮を閉じます。

 

まず、皮の中央を引っ付けてから

f:id:ageha-bunny0723:20180504230848j:image

真ん中に寄せるようにヒダを作ると

多めの具材を包むことができるそうですよ。

f:id:ageha-bunny0723:20180504230910j:image

 

こちらの記事に

詳しい包み方が載っていました。 

  

ジューシーな餃子の作り方。中華のプロは蒸してから焼く。 | やまでら くみこ のレシピ

 

また、ヒダは皮の片方だけで大丈夫なので、

しっかり皮の口を閉じるようにしましょう。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180412165514j:image

作中と同じように

トレイに薄力粉を広げて

軽く打ち粉をすると

引っ付かずにキレイな餃子が作れます。

f:id:ageha-bunny0723:20180412165603j:image

トレイに並べたら、

あとは焼くだけです!

 

 

・餃子を焼く

 

さくらちゃんと苺鈴ちゃんの会話で

餃子は蒸してから焼く!

という言葉が出てきました。

 

蒸してから焼く……

フライパンに水を入れて

蒸し焼きにするのとは違うのでしょうか。

 

いまいちピンとこなかった私は

とりあえず、軽く蒸してみようと

シリコンスチーマーを使いました。

f:id:ageha-bunny0723:20180410080423j:image

シリコンの容器に

餃子を並べて…

f:id:ageha-bunny0723:20180410080508j:image

フタをして

600Wのレンジで1分間チンしました。

心なしか表面の皮が水々しくなり

もっちり感が出た気がします。

 

ちなみにこの「蒸してから焼く」

やり方も上の記事に載っていましたが、

たぶんシリコンスチーマーのほうが簡単だと

思います。チンするだけなので!

 

 

あとはフライパンで焼いていきます。

 

フライパンに油を入れ、熱して、

温まったら一度火を止めて

先ほど蒸した餃子を並べます。

 

10秒ほど焼いてから

水を50cc入れ、フタをします。

 

水分が飛んだら

フタを開け、皿をフライパンに被せて

ひっくり返せば…

f:id:ageha-bunny0723:20180412201231j:image

餃子のできあがりです!

 

このときが1番テンションあがりますね!

 

味のほうはというと、

しそのいい香りが食欲を誘って

肉がやわらかジューシーで

皮がモチモチで…

めちゃくちゃおいしいです!

 

特に私はしそが大好きなので

この木之本家レシピの餃子はヤバイです…!!

ハマりそう…!

 

肉もやわらかくて、

ノーマルも十分おいしいですが

牛脂を入れた方は

より肉汁がジュワーっと出てきて

ジューシーに仕上がりました!

 

あと、シリコンスチーマーで蒸したのは

正解だったかもしれませんね!

いつもの市販の皮より

めっちゃモチモチしてます!

 

アニメと比較してみます。

f:id:ageha-bunny0723:20180412201231j:image

f:id:ageha-bunny0723:20180411194217j:image

キレイにできました!

 

続いて、しそ入り餃子の

登場シーンについてです。

 

 

登場シーン

 

今回のしそ入り餃子は

カードキャプターさくら クリアカード編

アニメ第13話に登場しました。

 

待ちに待った、苺鈴ちゃんが

日本に帰ってくる回ですね!

 

f:id:ageha-bunny0723:20180411195940j:image

 

アニメオリジナルキャラである苺鈴ちゃん。

今回のクリアカード編に登場するか

不安の声もありましたが、

さすがはCCさくらのアニメスタッフ!

ちゃんと苺鈴ちゃんを登場させてくれました!

しかも何回も!さらに今回はメインで!

もう、ファンとしては

本当に感謝しかありません。

 

中学生になった苺鈴ちゃんは

昔とは一回りもふた回りも成長して

きちんと礼儀礼節が身についた

オトナの女性になってました。

 

でも明るくて自由奔放なところは

昔とぜんぜん変わってなくて、

そういうところを見ると

やっぱり苺鈴ちゃんだなぁ…!(笑

とうれしくなりますね。

 

そんな苺鈴ちゃんが

さくらちゃんの家にお泊りに来て

教えてくれたのが、

焼き餃子の作り方です。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180412173545p:image

 

見ているだけでお腹がすく

とってもいいシーンでした!

 

昔、あんなにさくらちゃんを

敵視していた苺鈴ちゃんが、

こうして、さくらちゃんと仲良く

餃子を作ってるところを見ると、

なんだか感慨深いですね。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180412173508p:image

 

昔のCCさくらを知らない方は

ぜひ見てみてください!

長年愛され続けている理由が

わかると思います。

 

 

 

オススメの漫画

 

最後に、今回レシピを参考にした

グルメ漫画についてです。

 

 

『甘々と稲妻』

シングルファザーのお父さんが、

愛娘のつむぎちゃんのために

高校の教え子の小鳥ちゃんと

おいしいごはんを作る

あったかほのぼのグルメ漫画です。

 

「このマンガがすごい!2014」に選ばれ、

2016年にはアニメ化もしたことから、

知っている方も多いのではないでしょうか。

 

不器用ながら、つむぎちゃんのために

一生懸命料理を作るお父さんと

それをおいしそうに頬張るつむぎちゃん、

そして、まるで本当の家族のように

一緒になって料理をがんばる小鳥ちゃん。

 

そんな3人を見ていると

心がすごくあったかくなって、

自然と涙が出てくるような

とてもいい漫画です。

 

また、シングルファザーであるお父さんの

奥さん、つまり、つむぎちゃんのママは

若くして病気で亡くなってしまっています。

 

まだママの死について

よくわかっていないつむぎちゃんですが、

物語が進むにつれ、お父さんと一緒に

お母さんの死について向き合っていく様子が

丁寧に描かれていて、

それがもう涙なしでは見られません。

 

この作品は、登場人物の感情を

表現するのがとてもリアルで、

はっきりと文章にしなくても

見ているだけで伝わってくるシーンが

多くあります。

だからこそ説得力があるし、

とても感情移入しやすいです。

 

もし読まれていない方は

ぜひ一度読んでみて下さい。

アニメもすごく出来が良くて、

良作だったので、そちらもぜひ。

 

 

 

 

 『パパと親父のウチご飯』

元カノから「あなたの子」と

子供を預けられた、整体師の千石さんと

妻と別れて子供を引き取った

マンガ編集者の晴海さんが

2人でルームシェアをしながら、

料理に奮闘するオトコの料理マンガです。

 

シングルファザー2人でルームシェアというと

BL的な展開を想像する方も

いらっしゃると思いますが、

このマンガはそういう話ではなく、

あくまで2人は同居人であり家族であり

子供たち2人の父親として描かれています。

 

性格が正反対な2人が

スキキライが激しい子供たちのために

料理に奮闘しながら、

立派な父親になっていく姿は

見ていて好感が持てますし、

家族のいろんな形を感じられて

すごく好きな作品です。

 

私は特に千石さんが大好きで

まっすぐで自分に正直な姿は

見ていて清々しいですし、憧れます。

 

読んだことのない方は

pixivコミックやコミックバンチwebで

試し読みできるので、ぜひどうぞ。

 

pixivコミック

pixivコミック

  • pixiv Inc.
  • ブック
  • 無料

 

www.comicbunch.com

 

 

この2作品のマンガ飯も

今後作っていきたいと思っているので

よろしければ気長にお待ちください。

 

ここまで読んで下さって

ありがとうございました!

 

レシピブログに参加しています。

クリックして頂けるとうれしいです。